うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 

相談時の相談者様の状況

通勤時、突然涙が出るなどの症状が出現。
それ以降、自宅で臥床がちとなりました。
両親に面倒を見てもらいながら生活を送ってきましたが、両親も高齢となりこれ以上の負担はかけられないと、障害年金を申請することにしました。

相談から請求までのサポート

既にご自身で受診状況等証明書を取得していたため、診断書の取得からサポートいたしました。
初診病院以降は同じ病院に通院されていましたので、医師のとのコミュニケーションもしっかりとれており実態に即した診断書を作成いただきました。
家族間の事情があり現在は独居ですが、独居であるという事実だけで状態を軽く見られてしまうことが無いよう、独居の理由や日常生活をどのように送っているかなど、病歴就労状況等申立書には詳細な内容を記載しました。

結果 

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。
                     

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例