人工股関節(左変形性股関節症)で障害厚生年金3級を取得、年間約73万円を受給できたケース

相談者

男性(60代/会社員)
傷病名:左変形性股関節症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
 

相談時の相談者様の状況

奥様よりお電話でご相談いただき、後日ご夫婦で無料面談にお越しいただきました。
左股関節の痛みを覚えたのは3年ほど前。
病院に行ったかどうかご記憶が曖昧でした。
仕事も多忙なため、整骨院や民間療法を利用していました。
相談時点では人工股関節置換術を受けておらず、今後手術を受ける予定とのこと。
ご自身では時間的余裕もないことから、ご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

まずは初診日の確定から行いました。
初診の病院に連絡したところ、カルテはありましたが初診日についてはご本人様が窓口にて確認しないと教えられないとのことで、その旨をご本人様へお伝えし、窓口にて確認いただきました。
結局、3年ほど前に受診はしていましたが、腰痛での受診のため変形性股関節症とは関係がないと指摘を受けました。
そのため、今回の受診が初診となり、すぐに人工股関節手術のため紹介状を書いてもらい、手術を受けました。
人工関節は初診日から1年6ヶ月以内に挿入置換した場合、手術日が障害認定日となります。初診日からすぐの手術だったため、手術後医師に診断書を書いてもらい、申請をすることができました。

結果

人工股関節(左変形性股関節症)で障害厚生年金3級を取得、年間約73万円を受給できました。

人工関節の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例