双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約125万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

転職を機に「まわりに追いつかねばならない」という思いが強くなり、焦燥感や抑うつ気分が現れるようになりました。
会社も欠勤し、日常生活にも支障が出始めたため受診。定期的に通院し、投薬治療を開始しました。
しかし症状は悪化し、休職。そのまま解雇となってしまいます。
その後も用で就労を試みましたが病状が安定せず欠勤続きで続けることができませんでした。
現在は自宅療養中ですが、自殺願望や疲労感、躁状態での過活動に悩まされ情緒不安定な日々が続いています。
 

相談から請求までのサポート

当初は、先天的な内部疾患のため障害年金もらうことができないか、ということで相談を受けました。
話を聞いていくうちに、内部疾患よりもうつ状態の方が重いということに気が付つきました。
しかしながら、その当時は精神科を受診したことがなく、まずは医師の診断を受けるところから始めることになり、これまで診断書を何度か書いていただいた病院をご案内しました。
初診日から1年6か月経過したときにはすでに会社を退職しており、決して症状は軽くないということで、医師に診断書をお願いし請求手続きを行いました。

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約125万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例