双極性障害で障害基礎年金2級を取得、さかのぼって272万円、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

ご家族の方からお電話いただき、後日ご本人と一緒に面談へお越しいただきました。
高校時代に人間関係のストレスから倦怠感、吐き気の症状が出現するようになりました。
精神科へ通院するようになったのですが、しばらくすると気分に波が現れるようになったそうです。
情緒不安定となって涙が止まらなくなったり、うつ症状が強いときは通学することもできなくなったそうです。
卒業後もうつに入ると何もできなくなり、就労が続かない状況が長引いていました。
 

相談から請求までのサポート

すでに診断書の依頼を済ませていらしたので、出来上がった診断書の確認をさせていた
だきました。
通常、障害認定日請求の診断書は初診日から1年6ヶ月から3ヶ月以内の症状について作成いただく必要があります。
違う期間の診断書を提出しても認められません。
同じ病院に継続して通院しておりましたので、期間をしっかりお伝え日付の修正をしていただきました。
病歴就労状況等申立書を作成する際は、ヒアリングした内容を元にしてこの方の発症から現在までの経緯や、現在の日常生活の状況などをわかりやすくまとめました。

結果

双極性感情障害で障害基礎年金2級を取得、さかのぼって272万円、年間約78万円を受給できました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例