統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級

相談時の相談者様の状況

5年近く前から統合失調症と診断され、入院治療を続けられている方でした。
2,3年前に入院されている病院の相談員の方が手続きを進めておられましたが、通院歴があまりに複雑で、また意思の疎通や状況を把握することも困難だったため途中で断念されたそうです。
保佐人の方から協力を依頼されました。

相談から請求までのサポート

病院の相談員の方が取得されていた診断書の記載内容をもとに初診の特定から始めました。
当センターで受診状況等証明書の取得をしたところ、前医の記載がありミオクローヌスの治療を受けていることの紹介状が添付されておりました。
また紹介状の中にはこれまでのいくつか病院を受診したことの記載がされておりました。
原則、前医がある場合にはその病院で受診状況等証明書を取り直す必要があります。
参考資料として提出しましたが、異常行動が見られたところを初診として手続きは進めました。

結果 

統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例