肝門部胆管癌で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:肝門部胆管癌
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
 

相談時の相談者様の状況

ご本人からお電話いただき、後日無料相談に起こしいただきました。
会社の健康診断で肝機能の異常を指摘され精密検査を受けましたが、特に異常はないとのことで経過観察をしておりました。
その後、別傷病で受診中の検査の中で異常がみられ消化器内科を受診。
胆管がんと診断され、現在まで治療を継続しています。
就労は継続しておられましたが、抗がん剤治療後は副作用がきつく、易疲労や倦怠感がひどく仕事を休みがちになっておりました。
時短勤務や軽作業への転換等、会社の手厚い配慮を受けながらなんとか在籍していましたが、心身ともにストレスが大きくやむを得ず退職されました。

相談から請求までのサポート

抗がん剤の副作用によりどのような症状がでているかを、具体的に診断書にお書きいただけるよう参考資料を作成し医師へお渡しいただきました。
また日常生活がいかに困難な状況であるかを具体的にイメージしてもらえるよう、詳細な内容の病歴就労状況等申立書を作成しました。

結果

 
肝門部胆管癌で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できました。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例