双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、総額約760万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
5年遡及額:約760万円

相談時の相談者様の状況

結婚を機に知り合いのいない土地に転居をされました。
車の運転ができない中、運転が必須な地域での環境に馴染めず、ストレスから不眠・食欲不振・頭痛などの症状が現れました。
次第に気分の浮き沈みが激しくなり、希死念慮も現れたため受診。
診察の結果、うつ病と診断されました。
通院と投薬治療を始めましたが症状が改善せず、日常生活にも支障をきたしていたため、実家で療養することになります。
実家近く病院に転院後、双極性感情障害をと診断されました。
現在も定期的な通院・投薬治療を行っていますが、感情のコントロールが難しく、ご家族の援助のもと生活をされていらっしゃいます。

相談から請求までのサポート

初診日を証明する受診状況等証明書の取得からサポートさせていただきました。
障害認定日(初診日から1年6ヶ月)には違う病院に通院されていましたので、当センターの職員より病院に連絡をし、代理で診断書の依頼をさせていただきました。
現在通院している病院には、ご本人様よりヒアリングした日常生活状況についての参考資料を添付したうえで、医師にお渡しいただきました。

結果

障害厚生年金2級を取得(年額約79万円)、5年間の遡りで約760万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例