うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約230万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約323万円

相談時の相談者様の状況

過重労働と職場での人間関係のストレスから疲労感、不眠、食欲不振といった症状が現れました。
しばらく様子を見てみましたが症状が改善しないため、精神科を受診しました。
うつ病と診断され、投薬治療を行いましたが症状が治まらず、会社を休職されます。
その後、復職しましたが落ち込みや不安などの症状が悪化し、再度精神科を受診したところ双極性障害と診断されました。
現在は再び休職をし、治療に専念されています。
 

相談から請求までのサポート

初診日を証明するため、受診状況等証明書の取得からサポートいたしました。
受診状況等証明書の内容を拝見すると、前医の記載がありました。
障害年金の初診日とは、障害の原因となった傷病について初めて診療を受けた日をいいます。
取得した受診状況等証明書に前医があれば、初診日も前医にずれることになります。
この方も前医があったため、カルテの有無を確認しましたが既に破棄されていました。
しかし、受診状況等証明書に前医の初診年月日の記載があったことで、初診日を証明することができました。
診断書依頼時には日常生活関するヒアリングを行い、詳細な参考資料を作成しました。
主治医の先生も資料を参考にして下さり、実際の症状に合った診断書を作成して頂くことができました。

結果

障害厚生年金2級を取得、年間約230万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例