双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約170万円

相談時の相談者様の状況

小学生の時は養護学校に在籍していました。
些細なことに感情を爆発させてしまう様子に違和感を持ったため小学5年生の時にメンタルクリニックを受診。
知能検査の結果は正常であったため様子をみていましたが、イライラしたり気持ちの落ち込みが激しかったりと感情の起伏が激しい状態は続いていました。
いきなり激昂したり、同居の母親に暴力を振るうなどの問題行動が現れたため再度受診。
現在も投薬治療を続けていますが感情の起伏の激しい状態は続いています。
 

相談から請求までのサポート

受診状況等証明書の取得からサポートさせていただきました。
診断書の依頼時には過去の状況や日常生活について詳しくヒアリングした内容を文書にまとめ、医師へお渡しいただきました。
病歴就労状況等申立書を作成する際は、ご本人様から詳しくヒアリングを行い、日常生活の状況などを詳細にまとめました。

結 果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例