うつ病・不安障害で障害厚生年金3級を取得、総額約322万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病、不安障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
5年遡及支給総額:約322万円

相談時の相談者様の状況

ご相談者様は過重労働によりパニック発作を頻発するようになり、その後退職されてから10年近く引きこもりの生活を送っていました。
長年ご両親の援助を受けて生活していましたが、ご両親が高齢となり将来に対する不安が大きくなったことから、障害者枠での就労や障害年金の受給の可能性を相談されるためご来所下さいました。

相談から請求までのサポート

ご相談者様は初診当時、子供の頃から掛かり付けだった近所の内科を受診していました。
当初、初診日の証明書を作成して頂く予定でしたが、当時のカルテを確認して頂いたところ、パニック発作に対して抗不安剤を処方していたことや抑うつ症状についての記載が残っていたため、障害認定日の診断書を作成して頂けることになりました。
子供の頃からの掛かり付け医ということで、発病から精神科の受診を勧めて転院先を紹介するまでの経緯を詳細に記載して頂くことができました。
現在の通院先の主治医に対しては、問診の際、出来ないことも「大丈夫です。」と答えてしまうという事で、日常生活関するヒアリングを行い詳細な参考資料を作成しました。
主治医の先生も資料を参考にして下さり、実際の症状に合った診断書を作成して頂くことができました。

結果

うつ病・不安障害で障害厚生年金3級を取得、総額約322万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例