気分変調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:気分変調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約210万円

相談時の相談者様の状況

専門学校卒業後、就職しましたが仕事の理解が遅く叱責されることが多かったため気分の落ち込みやイライラを感じるようになりました。
精神科を受診したところ気分変調症、発達障害と診断されました。
投薬治療を続けましたが効果を実感できない状態です。
現在も定期的に通院し、生活指導、カウンセリングを受けています。
 

相談から請求までのサポート

ご本人様は人と関わることが苦手なため、お母様とやり取りしながら手続きを進めました。
まずは初診の病院にカルテの有無を確認し、受診状況等証明書を取得しました。
ちょうど初診日から1年6ヶ月経過した障害認定日を迎えたばかりだったため、本来請求を行うことになりました。
診断書作成依頼時には、面談時にお母様から伺った日常生活の詳細についてまとめた参考資料を作成し、添付することで実態に即した内容で作成いただくことができました。
病歴就労状況等申立書は、現在に至るまでの状況や日常生活の困難さを理解してもらうため、具体的なエピソードを盛り込み作成しました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例