うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約185万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約443万円

相談時の相談者様の状況

職場での対人関係や過重労働により不眠や不安といった症状が現れました。
受診した結果、うつ病と診断。
1ヶ月に1、2回の通院と投薬治療を受けましたが症状が改善せず、仕事に支障をきたすようになったため退職をしました。
その後、転職をしますが集中力の低下や疲労感などで長く続かず、転職を繰り返す状態となりました。
通院治療を継続されていますが、症状の改善がなかなかみられません。

相談から請求までのサポート

障害認定日当時も通院していましたが、一般雇用で正社員として就労できており症状もそこまで重くなかったため、診断書は取得せず、初診の病院にて受診状況等証明書を取得しました。
診断書依頼時には、日常生活について細かくヒアリングした内容をもとに、診断書に即した形で参考資料としてまとめました。
診断書依頼時点ではアルバイトを行っていましたが、ほぼ出勤しておらず退職も決まっていました。
こうした就労についての現状も参考資料に記載し、受診時に医師へお渡しいただいたところ、実態に即した診断書を作成いただきました。

結果

障害厚生年金2級を取得、年間約185万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例