うつ病・広汎性発達障害で障害厚生年金2級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:うつ病・広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約240万円

相談時の相談者様の状況

学生時代から周囲と打ち解けることがなく、孤立していました。
普通学級に在籍していましたが、応用力に欠け同じことの繰り返しをしていないと落ち着かないという状態でした。
また強い眠気にも終始悩まされていました。
就職してからは対人不安、日中の強い眠気による居眠り、気分の浮き沈みと言った症状で仕事を長く続けることができず、短期間で退職、解雇されている状態でした。
病院を受診したところ、ナルコレプシーと診断され薬の処方を受けましたが症状の改善が見られなかったため、自己判断で通院を中断しておりました。
現在は自宅療養中ですが、意欲低下や対人不安の症状が続いています。

相談から請求までのサポート

障害状態の審査は医師が書いた診断書に基づいて行われますので、診断書を書いてもらうために必ず医師の診察を受けなければなりません。
意欲低下やうつ症状も見られたため、改めて近医を受診していただきました。
うつ病と広汎性発達障害と診断され経過観察となりました。
数ヶ月通院を続け医師から診断書を作成いただけることになりました。
病歴就労状況等申立書には事前にヒアリングさせていただいた内容をもとに、日常生活に支障をきたしている点など丁寧にまとめました。

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約120万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例