統合失調症で障害基礎年金2級を取得、総額247万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
3年遡及金額額:約247万円

相談時の相談者様の状況

ご家族からお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。
中学生の頃から些細なことで泣き喚いたり、パニックの症状がみられるようになったりしたそうです。
日常に支障が生じたため母親が精神科を受診させたとのことでした。
その後継続して投薬治療を受けておられたのですが症状に改善が見られず、何度か転医しておられました。
障害認定日(初診日から1年6か月経過した日)時点も現時点も、妄想や自傷行為の症状が強く出ておられましたので、障害等級2級に該当するのではないかと判断しました。

相談から請求までのサポート

ご相談者様が病院に通えるときは、体調が良好なことが多いため、実際の生活状況を医師に伝えきれないケースがあります。
生活状況をヒアリングさせて頂きながら、参考資料を作成し、ご本人様から医師にお渡しいただきました。
障害年金の審査は、本人との面談など行われません。
提出した診断書と病歴就労状況等申立書の記載内容だけをみて障害状態を判断されますので、実態にあった診断書を作成いただくことが重要です。

結果

障害基礎年金2級(年額約78万円)、3年間の遡りで約247万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例