両変形性膝関節症で障害厚生年金3級を取得、年間約59万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/会社員)
傷病名:両変形性膝関節症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
 

相談時の相談者様の状況

ご本人から電話相談があり、後日ご夫婦で面談にお越しいただきました。
仕事上重い物を運んでいたため膝に負担がかかり、痛みが強くなったため医療機関を受診されたそうです。
両膝に人工関節を装着する手術を受けましたが、手術後も以前のようには回復せず、歩行もままならないため仕事にも制限がかかり、日常生活に支障をきたしている状態です。
 

相談から請求までのサポート

人工関節挿入からさほど時間が経っておらず、また認定日の病院と初診の病院が同じだったこともあり、スムーズに手続きを進めることができました。
作成いただいた診断書を確認したところ、修正点があったためこちらから病院へ連絡しすぐに修正いただきました。
病歴就労状況等申立書には診断書だけではあらわせない日常生活の不便な点などについて丁寧に記載しました。

結果

障害厚生年金3級を取得、年間約59万円を受給しました。

人工関節の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例