脳出血で障害厚生年金3級を取得、年間約89万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:脳出血
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの支給総額:約332万円

相談時の相談者様の状況

突然のめまいで倒れ救急搬送されました。
検査を受けたところ脳出血と診断され、緊急入院。
左半身の麻痺に加え、失語症が後遺症として残ったため、リハビリテーションを続けていました。
しかし、左半身の麻痺が強くなり、体調を崩すことが多くなりました。
仕事にも支障をきたすようになり、退職。
経済的な不安解消のため、ご相談いただきました。
 

相談から請求までのサポート

まずこの方は緊急搬送された病院でカルテに基づいた受診状況等証明書(初診証明)を作成してもらわなければなりませんでしたので、当センターが代理で病院に依頼し取得をするところから始めました。
脳血管障害による機能障害の審査は、各関節の可動域や筋力よりも、「つまむ」「握る」などの日常生活動作が行えるかどうかが重要視されます。
こちらで事前にヒアリングさせていただき、参考資料を作成し診断書依頼の際に一緒にお渡しいただきました。
病歴就労状況等申立書も実態を正しく審査してもらえるよう、ポイントを押さえて具体的にまとめました。

結果

障害厚生年金3級を取得、年間約89万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例