双極性感情障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約117万円

相談時の相談者様の状況

ご本人からお電話でご相談いただき、後日無料相談会にお越しいただきました。
この方は10年以上前から、うつ病として通院治療を続けておられたのですが症状は一向に改善していないようでした。
現在は双極性感情障害と診断され、治療を継続しております。
就労不能期間が長期化していることから経済的な不安を解消したいとのことでご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

ご本人様から細かくヒアリングした内容を元に詳細な資料を当センターで作成し、受診時に医師へお渡しいただきました。
実態に即したしっかりした内容でしたが、必須項目の記載もれがありましたので当センターで加筆の依頼をさせていただきました。
障害年金の審査は診断書や病歴就労状況等申立書に不備があると受付をしていただけません。
提出前に内容をしっかりと確認する必要があります。
また、障害年金の審査は提出した診断書や病歴就労状況等申立書の内容だけを見て行われます。
審査官や認定医が本人の状態を直接確認してくれるわけではないので、ポイントを押さえた病歴就労状況等申立書を作成しました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約117万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例