強迫性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:強迫性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約163万円

相談時の相談者様の状況

家族の触った物を触れなくなったり、家の風呂に入れないといった症状が現れ、医療機関を受診しました。
受診の結果、不安障害と診断されます。
その後、いったん症状が治まり仕事に就きましたが、不眠や対人恐怖といった症状が再び現れるようになり退職。
抑うつ気分や希死念慮、不安等の症状に加え、物事や数字へのこだわりが強く、日常生活にも大きな支障をきたしている状況でした。

相談から請求までのサポート

この方は特定のものに強いこだわりがあり、そのせいで他人とのトラブルが頻発しておりました。
医師にも自分の症状がうまく伝えられていないようでしたので、診断書の項目に沿った形でひとつひとつ丁寧にヒアリングをし参考資料としてまとめ、診断書を依頼する際にご本人様より医師にお渡しいただきました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例