自閉症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:自閉症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約230万円

相談時の相談者様の状況

幼少期は言葉が出るのが遅く、名前を呼んでも振り向かない、多動で興味のあるところへ一人で行ってしまう子供でした。
大きな音がすると苦しそうにしゃがみ込むなどの様子がみられたため発達障害専門の病院を受診。
グループコミュニケーションの訓練を受けるようになりました。
中学、高校、大学と発達専門医に定期的に診察をうけながら生活していましたが、コミュニケーションがうまくとれないため周囲に馴染むことが出来ず孤立しがちでした。
現在は障害者雇用で就労していますが、口頭での説明を理解できないため一つ一つメモをとりながら働いています。
 

相談から請求までのサポート

5歳の頃から、25歳にいたる現在まで一貫して同じ医師の診察を受けておりました。
薬の処方はなく、約半年に1回、発達障害に関するフォローアップを継続おりました。
初診日が20歳より前にある場合の障害認定日は20歳のお誕生日の前日です。
障害認定日による請求の手続きをするには20歳のお誕生日前後3ヶ月の日付の診断書が必要となります。
あいにく、この期間は受診をされておらず、診断書の取得が出来ませんでした。
現在の症状については、細かい内容まで記載いただき、実態に即した診断書を作成いただきました。

結 果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万を受給しました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例