双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約140万円

相談時の相談者様の状況

小学校在学中から学校に馴染めず、精神的に不安定な状況になり受診。
その後大学まで不定期に診察を受けていましたが、学業に加えて家族の看病や家事が重なり、動機・息切れ・不安感・疲労感といった症状が現れ、精神科に転院しました。
受診の結果、うつ状態と診断され、定期的な通院と薬の処方を受けましたが症状は改善しませんでした。
医師からは治療に専念するよう勧められましたが、経済的な理由から焦燥感ばかりが募り、躁転するなど症状が悪化する悪循環に陥りました。
現在は双極性障害と診断され、定期的な通院と薬の処方、カウンセリングを受け経過観察中となります。

相談から請求までのサポート

双極性感情障害の方は、うつ状態が酷くなると病院に行くこともできません。
そのため活動的になる躁状態の時に受診することが多くなり、医師に元気な印象を与えてしまうことがよくあります。
そこで医師に実際の状況を正しく理解してもらうために、ご本人から普段の様子について細かくヒアリングし、日常生活の状況について詳しく資料にまとめました。
これを受診時に医師へ渡してもらった上で診断書を作成してもらいました。
病歴就労状況等申立書も、詳しいヒアリングに基づいて日常生活の困難さを正しく理解してもらえる内容で作成しました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例