双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 

相談時の相談者様の状況

発病当時はフルタイムのパートタイマーとして働いていましたが、職場内での人間関係のストレスから物忘れや考えがまとまらないと言った症状が現れるようになりました。
家計の事情から仕事をしなければならず療養に専念できなかったため無理をして働き続けたところ抑うつ状態、食欲不振、不眠、気分高揚といった症状で何日も寝込んでしまいました。
現在も日常生活を夫と娘の助けをかりながら通院と治療を続けています。
 

相談から請求までのサポート

この方は初めて病院を受診後すぐに転院し、現在まで7年近く同じ病院の同じ医師の診察を受けております。
医師とのコミュニケーションもしっかりとれており、初診日から1年6ヶ月の障害認定日、現在の診断書ともにスムーズに作成いただくことができました。
病歴就労状況等申立書には発病から初診にいたるまでの経過や、これまでの通院、治療歴をヒアリングのもと丁寧に詳しく書きました。

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給しましたが、毎年の更新が必要です。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例