双極性感情障害・社交不安障害で障害厚生年金2級を取得、年間約161万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:双極性感情障害・社交不安障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約335万円

相談時の相談者様の状況

メールにてお問い合わせいただいた後、ご夫婦で面談にお越しいただきました。
この方は仕事での過労から抑うつ状態となり、長年精神科にかかっていました。
長期間にわたり治療を継続していましたが、薬の副作用が出やすいためか症状に変化はありませんでした。
薬の副作用で手の震えがあることもあり、将来のことも考え障害年金の申請を行うことにしました。

相談から請求までのサポート

初診日を証明するための各種資料収集からサポートさせて頂くことになりました。
しかし初診の病院はカルテが破棄されており、証明書を取得することが出来ませんでした。
次に受診した病院もカルテはありませんでしたが、初診と終診の記録だけは残っていたため、証明書に日付のみ記載いただきました。
また、3番目に受診した病院では2番目の病院からの紹介状があったため、添付いただきました。
紹介状には初診病院の初診日も記載があったため、初診の証明とすることができました。
診断書の依頼時には過去の状況や日常生活について詳しくヒアリングした内容を文書にまとめ、医師へお渡しいただきました。
病歴就労状況等申立書を作成する際は、日常生活の状況などを詳細にまとめました。

結果

双極性感情障害・社交不安障害で障害厚生年金2級を取得、年間約161万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例