ダウン症候群で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:ダウン症候群
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約267万円

相談時の相談者様の状況

20歳を迎えた息子さんのご相談のためお母様が来所されました。
ダウン症候群は心臓や消化器系などの内部疾患や発達障害、知的障害など様々な症状が伴います。
そのため診断書は何を取得したらいいか、何枚取得したらいいか市役所で説明を受けましたが、わからなかったそうです。
現症の診断書は通院先の病院に記載していただくものですが、出生時から通院している大学病院の小児科とフォローアップのため通院している自宅近くの病院がありどちらで診断書を取得するのか迷われていました。

相談から請求までのサポート

お母様から日常生活や心疾患の詳細をヒヤリングし、心疾患は障害年金には該当しない可能性があることがわかりました。
そのため診断書は精神の障害用を取得することにしました。
診断書を作成して頂く病院は出生時から通院している大学病院の小児科にお願いすることができました。
診断書を依頼した理由は、初診の病院と診断書を取得する病院が同じ場合、診断書で初診日の証明が出来るため受診状況等証明書の取得が不要になります。
書類が不要になることで、手間が省け手続きも早く進みました。

結果

ダウン症候群で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例