双極性障害で障害基礎年金2級を取得、総額417万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
5年遡及額:約417万円

相談時の相談者様の状況

相談者様は大学生の頃、人間関係のストレスからメンタルクリニックを受診しました。
以降10年以上通院されておりますが、病状は一進一退で就労不能な状態が続いていました。
心配したお父様が手続きを進められていましたが、初診の病院が廃院していたことや、転院を検討している時期でもあったため、どうしたら良いかわからないということで相談にお越しいただきました。

 相談から請求までのサポート

初診から1年6ヶ月の障害認定日の診断書はすでに取得済みでした。
初診の病院は廃院しておりましたが、幸いなことに転院先への診療情報提供書に初診日の記載がありましたので受診状況等証明書が添付できない申立書と一緒に提出しました。
直近の症状についての診断書は転院したばかりだったので、半年以上は様子を見ましょうということでしばらく待ちました。
実態に即した診断書を作成いただくためには医師とのコミュニケーションに時間をかけることも重要です。
9ヶ月通院した後、作成いただくことが出来ました。
依頼から1年1ヶ月を経て手続き完了となりました。

結果

双極性障害で障害基礎年金2級を取得、総額417万円を受給できました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例