全般性不安障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/主婦)
傷病名:全般性不安障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの支給総額:約130万円

相談時の相談者様の状況

過重労働から動悸、息苦しさ、腹痛と言った症状が現れたため受診。
うつ病と診断され病状の重さから休職をすすめられました。
投薬治療を受けましたが症状が悪化。
現在は退職して自宅療養をしていますが、病気が長期化していること、夫に家事や日常生活の負担をかけていることなどからくる焦燥感から症状は中々安定しません。
 

相談から請求までのサポート

初診の病院のカルテが破棄されていたため、受付簿から「受診状況等証明書」を作成して頂きましたが、詳細不明の欄が多く、明確に初診日を証明することが難しい状況でした。
2件目の病院のカルテも破棄されており、現在通院中の3件目の病院にも、初診日に関する明確な記録は残っていませんでした。
そこで、ご自宅を探して頂いたところ、2件目の病院で発行された自立支援申請時の診断書のコピーが見付かりました。
前医情報として病院名、初診の年月日までの記載がありました。これにより、初診日の証明が可能となり、障害厚生年金での申請を行いました。

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給しました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例