成人T細胞白血病リンパ腫・急性型で障害厚生年金2級を取得、年間約150万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:成人T細胞白血病リンパ腫・急性型
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約300万円

相談時の相談者様の状況

以前、弊事務所にご依頼いただき当時は肢体障害で申請、障害厚生年金3級(年額約58万円)を受給しました。
1年後体調悪化のため内科に入院したことを聞き、今回は血液・造血液・その他の診断書にて額改定請求を申請することになりました。
ご本人様は額改定請求が出来ることを知らず、入院の報告のための連絡をくださったようです。

相談から請求までのサポート

ご本人の入院中の状態を医師に記載してもらうため、診断書の記載依頼を早急に行いました。
ご本人様が入院中であまり連絡がとれないため、極力郵便での対応となりました。
等級が上がり、支給額が増えたことで安心して闘病生活をおくっていただけるのではないかと思っております。

結 果

障害厚生年金3級から障害厚生年金2級に等級が上がり、年間約150万円を受給しました。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例