肺癌で障害厚生年金3級を取得、年間約90万円を受給できたケース

相談者

 男性(50代/無職)
 傷病名:肺がん
 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
 支給月から更新月までの支給総額: 約180万円

相談時の相談者様の状況

勤務先の健康診断で胸部X線の異常を指摘されました。精密検査の結果、肺がんと診断され抗がん剤治療を続けていますが、めまいなどの症状が現れ脳への転移が確認されました。抗がん剤の治療を繰り返しているため、免疫力や体力の低下が著しい状態です。現在は退職して治療に専念しています。
 

相談から請求までのサポート

 初回面談から裁定請求までは比較的スムーズにいきましたが、審査の途中で初診日が病院の初診日から1年以上前の健康診断の日に変更されたり、現在の主治医に日常生活能力の確認が入るなどたびたび書類の書き直しや追加がありました。
ご本人は体力が低下しており対応が全く不可能なご状態でしたので、その都度病院とのやりとりはこちらで行いました。

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約90万円を受給しました。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例