自閉症で障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給できたケース

相談者

 男性(20代/無職)
 傷病名:自閉症
 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 年間支給額: 約77万円

相談時の相談者様の状況

幼い頃から人見知りが激しくよくかんしゃくを起こしていました。言葉の遅れがあり、物事に対するこだわりが強いため周りとコミュニケーションがとれず小学校から高校まで特別支援校に通いました。対人関係のトラブルが多くやお金を盗むなどの問題行動も現れたため精神科を受診。     自閉症と診断されました。現在も投薬治療をつづけています。                 強いこだわりで同じことを何度も確認したり、予期せぬことが起こるとパニックを起こし大声で叫んだりかんしゃくを起こしてしまうことがよくあります。

相談から請求までのサポート

面談はご本人が欠席のため父親とのみお会いしました。
市役所にて必要書類を取り寄せるところまでは父親が行いましたが、そこから先はどのように進めてよいかわからないとのことで、頓挫していたご様子です。
自閉症の方の障害年金については当センターの得意とする分野ですので、診断書のチェックから病歴就労状況等申立書の作成、年金事務所への請求手続きまで滞りなくスムーズに進めることができました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給しました。

アスペルガー症候群 他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例