両側大腿骨頭壊死症で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

 女性(30代/無職)

 傷病名:両側大腿骨頭壊死症

 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

 年間支給額 約58万円

相談時の相談者様の状況

全身性エリテマトーデス(膠原病)の治療の際にステロイドの大量投与をうけました。

その影響で両側大腿骨頭壊死症を発症。痛みと両足の違和感に悩まされます。

会社員として働いていましたが、通勤も困難なため車で送迎してもらっていました。

その後も痛みを軽減する治療を続けますが、歩行障害が悪化したため左人工股関節                         全置換術を受けました。

現在は退職し治療に専念しています。 

相談から請求までのサポート

 最初にお会いした時には会社在職中で左股関節だけ人工股関節を装着しておりました。     その後就労が厳しくなり退職となってしまい、審査結果待ちの間に右股関節の手術も受けることに なり、大変なご状態が続いた中、無事障害年金の受給が決まりました。

原則として人工股関節は両足でも3級止まりです。

体調不良のため労働時間を短縮し勤務先の厚生年金から外れた時期もありましたが、初診日当時はちょうど厚生年金加入中でしたので障害年金の受給につなげることができました。

結果

障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給しました。

 

 

人工関節の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例