障害年金の更新について

障害年金の更新を知っていますか?

koshin1障害年金受給が決まったあなたへ。

障害年金を受給してから気がかりになったことがありませんか?
「いつまでもらえるのだろう?」
「突然もらえなくなったらどうしよう…」

このような不安を抱えている方は、数多くいらっしゃいます。

障害年金は、「障害の状態」で障害等級が決まる制度です。

障害年金は「障害の状態」が障害等級に該当する限り支給が継続されます。

障害年金には、「有期認定」と「永久認定」の二種類があり、有期の場合は、その「障害の状態」を確認する時期が来ます。

障害年金は、自動的に更新されるものではないのです。

今回は、更新の時期(通知)が来た時に適切な対応を取れるよう下記項目のご紹介をします。

・更新の時期

・更新の流れ

・更新時の注意点

更新の時期

障害の種類や症状によって、1年~5年おきに更新の案内「障害状態確認届」が届きます。

更新する年の誕生月までに、日本年金機構から「障害状態確認届」が郵送でご自宅に届きます。

※20歳前障害で認定された方は誕生月ではなく一律7月が更新月となります。

添付されている診断書を医師に記載してもらった上で、誕生月の末日までに提出する必要があります。

提出先は障害年金の種類によって異なっています。

提出先

障害基礎年金:市区町村役場の国民年金担当課

障害厚生年金:日本年金機構(年金事務所)

 

更新の流れ

1.障害状態確認届が到着

更新する年の誕生月までに、日本年金機構から「障害状態確認届」が郵送でご自宅に届きます。

※20歳前障害で認定された方は誕生月ではなく一律7月が更新月となります。

 

2.診断書を作成

申請から現在までの治療経過を踏まえ、医師と相談しながら適切な診断書を作成して頂きます。

 

3.該当する提出先に期限通りに提出

誕生月の末日までに提出する必要があります。

障害基礎年金:市区町村役場の国民年金担当課

障害厚生年金:日本年金機構(年金事務所)

※受診予約のタイミングや診断書作成に要する日数によっては、期限までに提出できないことがあります。その場合には診断書の備考欄に遅延理由を記載してもらうと良いでしょう。

 

4.提出後約3ヶ月で結果が到着

等級に変化がない場合:「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキが郵送されます。

障害等級が変わる場合:「支給額変更通知書」が郵送されます。

次回診断書提出年月のお知らせ 

koshin2

更新上の注意点

更新時に注意すべきポイントがあります。

更新時、診断書の内容によっては等級が変わったり、支給が止まったりすることがあります。まず、診断書を受け取ったら、前回の診断書の内容と比較することが大事です。自分では引き続き障害の状態が悪いと思っていても、診断書には症状が改善していると記載される場合もあります。

特に前回と異なる医師が診断書を作成した場合には注意が必要です。

医師によって判断が異なるケースもあり、障害状態の評価や症状の書き方が変わってしまう可能性があるのです。また、障害認定基準の改正やガイドラインの制定など最新の動向を医師が把握していない場合もあります。

昨今の流れ

障害年金の更新に関して、注目すべき傾向があります。

2010~2013年の間に、更新時に支給停止になったり、

減額されるケースが6割程増加しているのです。

 出典:2015年10月5日 西日本新聞

障害年金の更新の際には、より慎重になる必要があります。

おわりに

障害年金の更新に関しては以上です。

いかがでしたか?

 更新時には、医師と治療経過や障害状態に関する情報を改めて共有することが必要です。意思疎通が必要となり

手間がかかるのが更新手続きです。

また、支給停止の可能性など、不安に感じることがあるかもしれません。

年金証書に記載された「次回診断書提出年月」が近づきましたら、ぜひ千葉障害年金相談センターまでご相談ください。

 

ご連絡頂けましたら適切な対応方法をお伝えできます。

あなたからのご相談を心よりお待ちしております。

料金表

更新

 

①年金の1ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別) 
②5万円(税別)
※2回目以降のサポートの場合
事務手数料1万円+受給が認められた場合の報酬

 

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例