脊髄小脳変性症で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

男性(30代)無職
傷病名:脊髄小脳変性症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの総支給額:約58万円

 

相談時の相談者様の状況

2年前、就寝時にけいれんを起こし、救急搬送されました。
脳の精密検査を行ったがその時に以上は見られなかったため退院しました。
相談者は工場での勤務でしたが、退院後も体調は回復せず、歩行時のバランスが悪くなったため、工場勤務は危険と判断し退職されました。
その後、医療機関を3回換え、大学病院で背髄小脳変性症と診断されました。
現在は大学病院でリハビリを週1回行うなど、定期的に通院しているが、症状は悪化しつつあり、 歩行困難、階段の上り下りの困難、記憶力の衰退など、日常生活に支障をきたしています。

当事務所にご相談にこられたときは歩き方に異常が見られました。ろれつが回らず、 会話にも苦痛を覚えているような印象を受けました。
その為、仕事も既に退職されており、就労先もなかなか見つからず、経済的な不安が強いと訴えておりました。

 

相談から請求までのサポート

転院を重ねていたため、病歴申立書をまとめることに苦労しました。
相談者からいただいた資料を基にまとめ上げ、症状について正確に記載することができました。

結果

障害厚生年金3級、年額58万円の受給が決定しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例