うつ病で障害共済年金2級取得、年間約210万円を受給できたケース

相談者

男性(50代)/公務員
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害共済年金 2級
支給月から更新月までの総支給額:約210万円

 

相談時の相談者様の状況

7年前から睡眠障害、集中力低下、意欲低下などの症状が出現し、 6年前に医療機関を受診されました。
通院を続けるうちに一時は症状が改善され、 復職されましたが、その年末に症状が悪化されました。
その後、一度は復職するものの、現在は症状が悪化し退職され、 自宅療養中の状態で当事務所にご相談にいらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

依頼者が、外出が不可能のため、共済組合とのやりとりを全て行いました。
ちなみに共済年金の方は在職中は支給停止になりますので、 本件は退職後からの受給になりました。

 

結果

障害共済年金2級を取得、年間210万円を受給されました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例