統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年間約79万円を受給できたケース

相談者

男性(40代)/無職
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
支給月から更新月までの総支給額:約79万円

 

相談時の相談者様の状況

異常な発汗などの症状が出始めたので、週に一度の通院を開始し、統合失調症と診断されました。
就職後も週に1回の通院をし、投薬、カウンセリングによる治療を継続的に行いました。
しかし症状は改善されず、職場での対人コミュニケーションがうまく取れていなかったため職場の退職を繰り返していました。また、不安定な生活から夜も寝れない状態も続いていました。

 

相談から請求までのサポート

診断書の記載方法について説明しました。医師も所員の説明を聞き、障害年金に関して理解していただいたので、実態に合った診断書を 作成していただくことができました。

 

結果

障害厚生年金2級を取得、年間79万円を受給されました。
特に精神疾患の方は医師に病状を旨く伝えることができず、診断書の記載に当たっては、医師も正確に本人の症状を把握されていない可能性もあります。

専門家に依頼することにより受給の可能性が高くなりますので、お気軽に当事務所までご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例