双極性感情障害で障害基礎年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者

男性(20代)/無職
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの総支給額:約130万円

 

相談時の相談者様の状況

5年前ほど偏頭痛、抑うつ気分、集中力減少の症状が出始めたため、 通院を開始し、双極性感情障害と診断されました。
その後、通院を継続しながら、複数の薬を服用していましたが、症状は改善しませんでした。
精神科につきに複数回通院していましたが、時には躁うつ状態になるほど波が激しく、職場を退職せざるを得ない状況になりました。
通院以外はほとんど自宅から外出せず、症状も改善していないた め、当事務所に年金に関するご相談にいらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

無職の状態でしたので、何とか障害年金を受給してもらいたいと思い、 医師にも相談のうえ、本人の日常の生活の状態をしっかりと伝え、 診断書を作成にご配慮していただきました。

医師が、障害年金に対して理解のある方でしたので、 日常生活に基づいた診断書を作成いただき、受給につなげることができました。

 

結果

障害厚生年金2級を取得、年間130万円を受給されました。
診断書の記載方法に関しては、医師によってはしっかり対応できない場合があります。
個人で依頼するより専門家を通じて依頼することによって、より正確な診断書を作成することが可能になり、 受給する可能性が高まります。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例