統合失調症で障害厚生年金1級を取得、年間99万円を受給できたケース

相談者

男性(30代)/ 無職
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金 1級
支給月から更新月までの総支給額:(年間受給額99万円 4年遡及合計額:499万円)

 

相談時の相談者様の状況

ご本人1人では当事務所に訪問することができずご両親と訪問されました。
平成11年10月頃より、近所の物音が気になりだし、不眠傾向、過呼吸発作が出現し始め、仕事を退職されました。
そのことがきっかけで幻聴、幻覚、妄想なども出現し始め精神科を診察すると、統合失調症と診断され、以降も定期的に通院を続けている状態でした。

 

相談から請求までのサポート

初診日が10年以上前なので、カルテの保存が心配だったので、 ご両親にその点を説明し、病院にきっちり確認することをお願いしました。
幸いにもカルテは保存させていましたので、遡及請求をすることができ、認定に繋がりました。

結果

統合失調症で障害厚生年金1級を取得し、年間99万円、4年間で遡及合計額400万円を受給されました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例