双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間79万円を受給できたケース

相談者

相談者:女性(20代)/学生
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
支給月から更新月までの総支給額:年間受給額:79万円、3年間の遡及合計額:240万円

 

相談時の相談者様の状況

本人が外に出るのが困難だったため、母と面談をしました。
大学二年生の頃から、気分の波が荒くなり始め、軽躁時には多弁、多動、乱費、過食などが見られ、抑うつ状態のときは不安、意欲低下、対人トラブルなどがみられるようになりました。

薬の服用もむらがあり、全ての行動パターンも極端であったため、精神科を受診し、双極性感情障害と診断されました。その後、入退院を繰り返し、大学も休学を繰り返しておりました。

 

相談から請求までのサポート

自宅が遠方なため、初回以外は電話のやりとりとなりました。
自殺未遂や、休学を繰り返すなど症状が安定しないため、いかにしてこの状況を、病歴申立書にまとめるかに苦労しました。

 

結果

障害厚生年金2級を取得し、年間79万円、3年間で遡及合計額240万円を受給されました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例