うつ病で障害厚生年金3級を取得、年間約86万円を受給できたケース

相談者

男性(50代)/無職
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級
支給月から更新月までの総支給額:約86万円

 

相談時の相談者様の状況

会社に在職中に膀胱癌を発症し、手術を受け、気持ちが落ち込むようになり、 さらに睡眠障害、食欲不振、体重減少も加わり、退職することになりました。

精神疾患治療のため病院で診察を受け、退職後、収入がなくなり、 経済的不安や、癌再発に対する不安などから、抑うつ症状が悪化している状態でした。

 

相談から請求までのサポート

ご本人が医師に、障害年金のことをうまく説明できないため、 ご本人と一緒に病院に同行し、膀胱癌は症状が治まっていたので、 うつ病のみで医師に診断書を依頼しました。

 

結果

うつ病で障害厚生年金3級を取得し、年間85万円を受給されました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例