人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金2級を取得、年間約180万円を受給できたケース

相談者

男性(50代)/会社員
傷病名:慢性腎不全
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
支給月から更新月までの総支給額:約180万円

 

相談時の相談者様の状況

会社の健康診断で尿に蛋白がでていることが指摘されたが、 特に自覚症状もなく仕事も多忙であったため、 すぐには通院しなかったが、しばらくすると足がむくみ始めたので、 病院に診察にいくと、慢性腎不全と診断されました。

月1回通院し、薬を服用したが、改善されず週3回、1回3時間の人工透析を開始しました。
仕事でも役職が降格され、収入が減ってしまったこと、また障害年金について始めて知り、当事務所に相談に来られました。

 

相談から請求までのサポート

発病から相談に来る期間が空いていたため、診察記録が集まりにくく、手続きの後に追加で資料を求められた為、事務所から病院に連絡を取って取り寄せるなどのフォローをしました。

 

結果

障害厚生年金2級取得、年間180万円を受給されました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例