肥大型心筋症で障害厚生年金2級を取得、年間170万円を受給できたケース

相談者

男性(40代)/無職
傷病名:肥大型心筋症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
支給月から更新月までの総支給額:約170万円

 

相談時の相談者様の状況

会社の健康診断にて心機能障害があると指摘されました。
仕事が三交代勤務で忙しく、また病気を甘く見ていたため受診しませんでした。
その後、動悸、めまいなどの症状が現れており、肥大型心筋症と診断されました。

突然死の危険があるため、常に奥様も同伴で行動しなければならず、相談もお二人で来られました。

 

相談から請求までのサポート

心臓病はペースメーカーやICDを装着していますと障害等級3級に認定されます。
今回のケースはどちらも装着していないため、日常生活でどれだけ支障をきたしているか申請する必要がありました。
医師の診断書の依頼では、いかに危険な状態であるかを記載してもらうようお願いいたしました。

 

結果

肥大型心筋症で障害厚生年金2級を取得し、年間170万円を受給されました。
今回のケースでは病歴申立書では突然死の可能性を強調いたしました。ぜひ当事務所までご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例