うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間170万円を受給できたケース

相談者

男性(30代)/会社員
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
支給月から更新月までの総支給額:約170万円

 

相談時の相談者様の状況

職場での過重労働やパワハラが原因で気力低下、不眠、不安、動悸、下痢、焦燥感といった症状が発生しました。
徐々に症状が悪化し、職場でも横になっていることが多くなっていきました。
自宅ではめまい、早朝覚醒、途中覚醒を伴う睡眠の症状が強くなり、味覚障害も出現したため受診しました。

最初は夫婦でご相談に来られましたが、ご本人の体調が悪化たため奥様とやりとりをしました。
現在は、休職中で傷病手当金を受給していますが、 期間満了となり無収入になるため障害年金の受給を考え相談に来られました。

 

相談から請求までのサポート

ご本人とやりとりができないため、奥様より日頃の症状について詳しくお聞きし、 医師に診断書を依頼する資料を作成いたしました。
奥様もご主人の看病で疲れているため、パートを休みがちであったため迅速に手続きを進めました。

 

結果

うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間170万円を受給されました。
今回のケースのように、ご本人が来られない場合も対応いたします。ぜひ当事務所まで ご相談ください。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例