反復性うつ病性障害で障害厚生年金3級を取得、年間66万円を受給できたケース

相談者

相談者:男性(30代)会社員
傷病名:反復性うつ病性
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級
支給月から更新月までの総支給額:約66万円

 

相談時の相談者様の状況

理不尽な移動で横浜に移動になったことや、 移動先で上司のパワハラにあったことがきっかけで抑うつ状態になりました。 1年3ヶ月休職し、傷病手当受給していました。

抑うつ気分、朝のめまい、吐き気、極度の不眠、意欲低下、集中力低下等の症状が現れており、 自宅で横たわっている状態が続いていました。

収入が激減したため経済的不安が強く、ご相談に来られました。

 

相談から請求までのサポート

休職状態のため、復帰まで生活を少しでも楽になるよう協力させていただきました。
現在も復職はしておりませんが、その間は障害年金を頼りに自宅療養しております。

 

結果

反復性うつ病性障害で障害厚生年金3級を取得、年間66万円を受給されました。
受給も決まり金銭的不安が軽くなったそうです。

反復性うつ病性障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例