ICDで障害厚生年金3級を取得、年間81万円を受給できたケース

相談者

男性(50代)/会社員
傷病名: 心室細動
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級
支給月から更新月までの総支給額:年間受給額:81万円 約2年間遡及合計額:140万円

 

相談時の相談者様の状況

入浴中、胸の辺りがジーンと苦しくなり、立ち止まることがありました。
年齢のせいかと思っておりましたが、職場にて心配停止となり病院に緊急搬送。
10日間意識不明であったが命は取り留めました。
1ヶ月後にICD植込みを行い、以後定期的に外来通院されております。

 

相談から請求までのサポート

再発の可能性と医療費の負担から受給希望をしていました。
必要な書類はすぐ準備することができ無事スムーズに受給することができました。

 

結果

心室細動で障害厚生年金3級を取得、年間81万円、約2年間の遡及合計額で約140万円を受給されました。
ICDは障害年金等級3級を取得できますので、現在このサイトをご覧になられている方で、ICDを装着されている方がいらっしゃれば、ぜひ当事務所までご相談ください。

 

ICD(心室細動)の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例