うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約79万円を受給できたケース

相談者

男性(40代)無職
傷病名:うつ病、アルコール依存症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの総支給額:約79万円

 

相談時の相談者様の状況

相談時の相談者様の状況 本人は家から出ることができず、お兄さんが相談に来られました。
嘔吐、下痢などの症状が現れ始め内科を受診した結果、急性胃腸炎と診断されました。

しかし、歩くことや食事を取ることかできず別の病院を診断。
その後、脱水・肝機能障害と判断され入院しました。アルコール依存症と診断されうつ状態となりました。
薬物治療と精神治療を受けたが、なかなか症状が改善せず、自宅療養中です。

 

相談から請求までのサポート

複数の病院を診断したため、初診日がいつかはっきりか覚えていませんでした。
今回のケースは受給者が複数の病院を受診しており、当事務所が本人の代わりに 複数の病院に診断書を請求しました。

 

結果

障害厚生年金2級を取得し、年間79万円を受給されました。 今回のケースのように初診日は精神化ではなく内科になります。 現在通院している病院が、初診ではない場合もあるため注意してください。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例