うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者

男性(20代)無職
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
支給月から更新月までの総支給額:約130万円

 

相談時の相談者様の状況

2009年頃から意欲低下、抑うつ気分が出現し、翌年一月に、症状悪化のため会社に行くことができなくなり、 1ヶ月ほど失踪してしまいました。
翌月失踪先から自宅に戻り、仕事を休職し、精神科を受診されました。
本人1人では、電車にも乗れないような状態で、本人の母親同席の元、こちらからお伺いし、面談させていただきました。
ちょうど会社を辞めたばかりで、障害年金を受給しながら療養し、社会復帰を目指すことになりました。

 

相談から請求までのサポート

相談者が入院してしまい、両親も不在、また事務所から遠方だったこともあり、 手続き書類の確認や本人との面談は、すべてこちらから出向いて行いました。

 

結果

障害厚生年金2級を取得し、年間130万円を受給されました。
20代のような若い方でも、障害年金を受給しながら社会復帰を目指す方はたくさんおられ ますので、ぜひ当事務所にご相談下さい。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例