直腸癌で障害厚生年金3級を取得、年間82万円を受給できたケース

相談者

男性(40代)会社員
傷病名:直腸癌
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級
障害厚生年金 支給月から更新月までの総支給額:年間受給額:82万円
遡及額:4年遡及合計320万円

 

相談時の相談者様の状況

4年前の会社の健康診断で、大腸癌の疑いがあると診断され、その後病院で診断を受けたところ直腸癌と診断されました。

初診日から4ヵ月後、人工肛門を装着されました。
その当時は障害年金のことを知らずに、障害者手帳のみ取得されていましたが、たまたま当事務所のHPを見られて相談に来られました。

 

相談から請求までのサポート

初診日が4年前だったので、初診を受けた病院で初診日証明をもらうようにアドバイスを しました。

 

結果

障害等級3級を取得し、年間82万円、約4年間の遡及額で320万円を受給されました。
人工肛門を装着すれば、障害年金等級3級を取得できますので、現在このサイトをご覧になられている方で、人工肛門を装着されている方がいらっしゃれば、ぜひ当事務所までご相談ください。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例