うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

面談者

両親

 

経  過

大学入学後、人間関係や学業等のストレスが蓄積し食欲不振になった。その後、集中力や思考力、記憶力が低下し授業に集中できなくなった。食欲がないため体力も低下し、通学が困難となり心療内科通院。月2回の通院を継続したため何とか通学できるようになり無事卒業できて民間企業に就職。
しかしながら、通勤や過度な就労によりうつ状態に陥り半年で退職。以後、入退院を来り返す。

一時的に体調がよくなったときにはアルバイトをすることもあるがほとんど続かない。
自宅では毎日ほとんど寝ている状態で外出もできず、日常生活は両親の援助を受けながら過ごしている。(現在、大学病院にて入院中)。

 

手続き

事後重症(障害認定日に遡らず)として請求

 

結 果

障害等級2級(基礎年金) 認定(年額78万円)
過去に遡っての受給はなし。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例