うつ病で障害厚生年金2級を取得、約650万円を受給できたケース

面談者

本人

 

経  過

都内のIT会社に勤務中の30歳頃から気分の落ち込みやパニック発作(閉所恐怖症)が発生し精神科受診。

2年ほど通院したが改善せず、その間会社に出社できなくなり退職して実家に戻った。
自宅療養しながら地元の精神科に通院するが、うつ状態、不安・不眠といった症状が継続している。

普段は自室に閉じこもり、食事も親が部屋まで運んだものをベッドの上で食べている。
気分の落ち込みや対人恐怖が強く、通院以外は外出できず1日中ベッドの中にいる。不規則な食生活や運動不足もあり糖尿病併発。

 

手続き

障害認定日からの請求

 

結 果

障害等級2級(厚生年金) 認定(年額130万円)
初回振込日に障害認定日からの遡りで5年分の約650万円が振り込まれた。

 

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例