右被殻出血で障害厚生年金1級を取得、年間約180万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:右被殻出血
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
支給月から更新月までの支給総額: 約520万円

 

相談時の相談者様の状況

突然倒れ救急搬送されました。脳出血のため左半身に麻痺が残り、注意障害や 高次脳機能障害が現れてしまいました。

リハビリのために6ヶ月入院し、現在は通院してリハビリを続けています。
理解力、判断力の低下、身体的にも歩行困難な状態で日常生活のほとんどを妻 の援助をうけながら生活しています。

 

相談から請求までのサポート

左半身は完全に麻痺し自宅内でも常時杖を必要とし、外出時には車いすが必要 不可欠でした。
これだけでも大変なのに、高次脳機能障害により理解力や判断力が低下し会話 もほとんんど不可能な状態です。
奥様がとてもしっかりとふるまっていたのが印象的でした。(おそらく、日頃 は相当おつらい思いをされていたと思います。)
医師に診断書をお願いするにあたっては、奥様のご要望により社労士(渡辺) も同席させていただきました。
医師は患者の障害年金にとても理解のある方で、事前に奥様と打ち合わせて作 成した資料をじっくりとお読みになり、数日後には実態に見合った診断書が送 られてきました。

 

結果

障害厚生年金1級を取得、年間約180万円を受給しました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例