統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年間支給額: 約77万円

 

相談時の相談者様の状況

高校2年生の時、胸の苦しさや吐き気を訴え登校できなくなってしまいました。
精密検査をうけますが、原因はわかりませんでした。

高校卒業後就職してからも症状は続き、不眠、不安、無気力といった状態になったため精神科を受診。
気分変調症と診断され治療を受けますが些細なストレスで症状が悪化するという状態を繰り返していました。
抗うつ薬では症状が改善せず妄想、幻聴があられたため、転院。統合失調症と診断され現在も治療中です。働くこともできず家で一日中寝たきりの生活を送っています。

 

相談から請求までのサポート

最初はご自分で手続きしましたが不支給となってしまったため当センターに相談に来られました。
診断書を拝見しヒアリングさせていただいたところ、実態とかけ離れてかなり軽い状態で書かれていることがわかりました。

そこで、主治医の先生にヒアリング結果をもとにまとめた資料をお渡しし、再度診断書を記載いただき裁定請求を行いました。
審査の途中、年金機構よりわずか半年間でこれだけ症状が悪化した理由について照会を受けましたので、半年前より症状が悪化した経緯を詳細に説明しました。
こちらの説明に納得いただけたらしく、その後しばらくして2級の決定通知が届きました。

 

結 果

 障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例