双極性障害・現在中等度うつ病エピソードで障害厚生年金2級を取得、総額約300万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:双極性障害・現在中等症うつ病エピソード
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
3年遡求額: 約300万円

 

相談時の相談者様の状況

自営の仕事の業績が悪化し、事業を閉鎖したことにより不眠、抑うつ症状が現れ始めました。
感情の抑制が効かず些細なことで苛立ってしまう為助けを求めるように心療内科を受診。
投薬治療を受けますが、不安と抑うつ症状は改善せず、何かをしたくてもなかなか行動を起こせない状態です。

 

相談から請求までのサポート

面談時にお聞きしましたが、当センターの存在は2年前から知っており、当初から障害年金の相談をしたいという気持ちはあったものの、気分が乗らず、ずるずると年月が経過したとのことです。(面談が終了した瞬間、疲労からか「フゥーッ」と 大きなため息をつかれたのが印象的でした。)
受任後も不安、焦燥感、いらいらといった症状が強く、何度も進捗状況の問い合わせがありました。
それだけに、予想以上に早く受給が決定したときの電話口の向こうから聞こえてくる慶びの声もまた印象的でした。

 

結 果

障害基礎年金2級(年間支給額79万円)を取得、3年間の遡りで総額約300万円 を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例